うつ病の症状と上手に付き合う方法とは|心が健やかになる治療法

今までにない症状もしかしたらうつ病かも?

食事で治ることある

カウンセリング

辛いうつ病の症状を改善させるためには、薬の服用と他の両方を組み合わせることが一般的ですが、近年は食事でも完治できることがわかっています。症状が出ているうちは規則正しい食生活にする必要があるでしょう。

サインを見逃さない

医者

ストレスや精神的負担で症状が現れるうつ病は、完治するまで時間がかかってしまいます。また、周囲にうつ病のサインを発している人がいれば、そっと手を差し伸べてあげましょう。

様々な原因がある

ウーマン

うつ病の症状は、色々なところからやってきます。中でも多い環境要因は、人間関係や仕事、家庭内が挙げられます。積み重なったストレスが症状を引き起こすため、原因を知り早めに治療へ専念する必要があります。

薬を使った治療

男性

うつ病の症状が出たら、医師の指示に従い薬を服用します。また、症状が少しでも和らぐように休養が必要でしょう。仕事や学校も少し休んでから復帰するという患者も多く、第一に考えらなければいけません。

診断が出る流れ

看護師

うつ病は、セルフチェックで確認できますがほとんどの人が重大な病気だと認識しません。大切なことはうつ病の症状が出ている間に病院を受診することです。医師から診断されれば、治療へ気持ちが傾くでしょう。

薬との相性

悩む婦人

心の病気にかかると、何もする気が起きず生きている価値を見失うことがあります。症状が悪化すると自殺願望が出てくるため、ひどくなる前に治療をすることが重要です。うつ病の症状を和らげる方法に、抗うつ剤の服用がありますが症状の訴え方によっては抗不安剤や向精神薬を一緒に処方することもあります。とはいえうつ病の症状もこれらの薬があればすぐに治るわけではありません。うつ病の症状が出ている時は、その時に合った付き合い方があるのです。例えば、症状を抑える薬ですが、個人で出てくる症状と体質によって相性が決まります。当然、相性が悪ければ薬もあまり効かないでしょう。逆にフィットするとみるみる効いてくるため、うつ状態をより早く改善することができます。また、よく処方されるうつ病の薬に対する副作用も出る人や出ない人に分かれます。一般的に症状を抑える薬もじっくり観察をして試行錯誤を行なうので、仮に相性が悪い薬でも他のタイプに変更しながら症状を改善していきます。薬を変える目安としては、副作用が目立つ時と一定の期間が経過しても目立った効果が表れない時です。そういう時は主治医に相談をして薬を変えてもらうなりしてもらいましょう。うつ病の症状を一刻も早く改善するには、薬が頼りになります。しかし、効き目が感じられないと、不安に駆られてしまいます。うつ病の克服に焦りは禁物ですが、効かない薬を何年も服用すれば症状を悪化させてしまうばかりです。薬の特徴としては服用してもすぐ効果が表れないことです。そのため、即効性に欠けるのが最大の難点でしょう。始めにうつ病の薬を体内に蓄積させて脳内にある神経伝達物質の分泌回路に運ぶには多少時間がかかるのは確かです。また効いてくるまでに最長で二週間から三週間はかかるでしょう。


ここで悩むのがうつ病の症状を軽減できる薬を飲むのかどうかです。自分の体質と相性が良い薬があっても悩む人はいっぱいいます。また、診断の後に飲み続けていくと頭の中で依存性しないか、そのような体質になってしまわないか等を考える機会が増えていきます。そして飲むことを辞めてしまえば、うつ病の症状がまた再来するのではという不安は常にあるものです。そういったこともうつ患者が懸念しているわけです。どうせ服用するなら、どんと構えたほうが良いでしょう。薬の役目は精神的な安定を与えるものです。従って、服用することへの不安が勝ってしまうと効果が出にくくなってしまいます。逆に、症状を自分の力で改善すると決めたのなら、それに徹する方が良いでしょう。薬を飲むなら服用をし、症状を改善させる、そして抵抗がある場合は飲まないで様子を見てみる等自分に合った方法で治療をすれば、うつ病の症状を軽減できるのです。