うつ病の症状と上手に付き合う方法とは|心が健やかになる治療法

ウーマン

薬を使った治療

男性

常に倦怠感があり、めまいや頭痛、食欲不振が続けば精神的な不安定に陥るのは当然のことです。この状態から脱出するには、病院を受診して治療をする他ありません。代表的な治療方法は、薬を使ったものでしょう。そこに十分な休養を取り入れることで、精神面へ良い影響をもたらすと考えられています。さらに、うつ病の症状を引き起こす考え方を見直すといった治療も、薬と共に併用すればよく効いてくれます。ここでいう十分な休養ですが、ほとんどが罪悪感を持つものです。そのため、うつ病の症状を隠して仕事や学校へ行き続けることも珍しくありません。このような状態を長く続けると精神が破壊され、最悪の結果を招きます。医師に休むことを促された場合は、素直に応じた方が無難でしょう。完治への近道は思い切って休むことにありますから決して悪いことではないのです。

うつ病の症状を軽減する方法は、薬を主流にします。抗うつ薬は、脳の中にあるセロトニンやノルアドレナリンの働きを高め、抗うつの気分を和らげる効果があります。その影響で意欲的になり不安や緊張感が一気に解消されていきます。これらの薬にはセロトニンを再取り込みする阻害薬と、セロトニンを取り込むするものがあり三環境系と非三環系に分類されます。この二つは症状によって使い分けていきますが、効果が出ないと判断するまで飲み続けることが重要です。もともと、抗うつ薬は効果が出るまで時間を要することが多いです。そのため、効いていないと勘違いすることも少なくなく、自ら飲むことを辞めてしまう患者もいます。そうではなく、抗うつ薬が効いてくるのは大体1週間から2週間の間なのだと理解をし、諦めずに服用を続けることがとても大切なのです。なお、2回以上再発を繰り返しているなら、うつ病の症状が完璧に改善されていないとみなされるため数年にわたり服用を続ける必要があります。