うつ病の症状と上手に付き合う方法とは|心が健やかになる治療法

ウーマン

診断が出る流れ

看護師

病的なほど気分が落ち込み、身体にも影響が出ている場合は、病院へ行き治療をしなければいけません。近年は、うつ病の症状をセルフチェックできるサービスがあるため、疑いがある場合は使っていきましょう。ただ、自分で区別がつかないのもうつ病の特徴です。そのまま放置をし、悪化させたという患者も少なくありません。病気であることを本人が自覚しなければ、完治は難しくなるでしょう。

病院での診断は時間をかけた問診から行ない原因を洗い出します。ベースは、症状がいつ始まったのか、どのような症状が出ているのか、そのきっかけと背景は何なのかといった発症にまつわる質問です。さらに日常的に影響を及ぼしているかどうかも、医師が確認をし、他の病気との因果関係を検査した後うつ病の診断がなされます。他にも、もともと持っている性格の傾向から家族歴も問診で質問されるでしょう。判断基準に基づく診断は、世界保健機関と国際疾患分類が関わっています。また、米国の精神医学会が提示した診断ベースをもとにうつ病の症状を見ながら診断をしていきます。これらの基準は、うつ病の症状にありがちなことが細かく書かれており当てはまる項目がいくつあるかで決めることができます。また、診断に関してはうつ病を把握するための評価スケールが設けられており、より正しい診断を下すことができます。ただ、評価スケールの得点が高いからといってうつ病だとすぐに判断はできません。しかし、それらを疑う精神的負担が少なからずあると考えられるので目安として考えることをおすすめしています。