うつ病の症状と上手に付き合う方法とは|心が健やかになる治療法

ウーマン

食事で治ることある

カウンセリング

食事をとる時、何をどう食べるのかを考えることでストレスに耐えられる強い心を作ることができます。食べることは人間にとって重要な本能です。また、当たり前になっているからこそ、大事にしたい習慣ですから何を食べるか、どう調理をして食べるかこの二つを基準に考えることがとても大切です。症状が悪化すると、食事をすることに楽しさを感じられなくなります。しまいには本能的な欲求が弱くなり、食べられなくなってしまいます。こうなると、生きる価値すらなくなってしまうでしょう。感覚が鈍くなっている今、食物に対して美味しいと感じることがなくなるので、口に入れても味を感じることができなくなります。これはうつ病にありがちな古典的な症状の一つになります。逆に、食事の内容や食べ方、食べ物でもうつ病の症状を悪化させるというデータも出ています。食べ方に関しては、生理的な機能と精神的な活動や感情と深い関わり合いがあります。うつ病の症状を少しでも改善させるには内容と、食べ方や食べ物を少しでも変える努力をすればいずれ快方へ向かうでしょう。

気を付けたい事といえば、血糖値をあげない食事方法でしょうか。この血糖値がアップするとうつ病の症状が出やすくなるとある研究結果で判明しています。逆に、血糖値が安定すると心のストレスがなくなり穏やかになるといったことも報告されています。血糖値のアップダウンに関しては、食べる事と食べ物によって大きく左右されますから、食べ過ぎないこと、規則正しい食事内容にすることを念頭に入れておく必要があります。なお、血糖値が急上昇すると次の症状が出てきます。一つ目は憂鬱な気分になることです。これはうつ病でよく見かける症状の一つでしょう。すぐに収まればいいですが何日も続く場合は病院で受診をし、早急に治療を始める必要があります。他にもめげる事が多くなったり、落ち込む回数が増えたりなど、うつ病にありがちな状態に陥ります。またイライラが多くなった、小さいことで怒ることが多くなった経験がある人もうつ病になる素質は十分ありますから食事のコントロールが大切になるでしょう。血糖値を上げなければ、朝までぐっすり眠ることもできます。